松野屋は1945年創業、現在は自然素材を中心とした生活道具をあつかう荒物問屋。
荒物という言葉自体、近ごろあまり耳にしなくなったが、ほうき、ちりとり、ざるなど、
ちょっと前まではどこにでもあった簡単なつくりの日用品のこと。
 
松野屋では、国内やアジアの町に直接足をはこび、
町工場や閑散期の農家などで作られる日用品などを仕入れると同時に、
生産者とともに今の時代のニーズにあったオリジナル商品を開発してきた。
 
荒物は民藝と同じように人の手が生み出す日用品のことだが、
それは民藝のいうところの「民衆的手工藝品」ではなく、
より普通の人びとの日常の暮らしに根差した「民衆的手工業」から生まれる日用の道具たちだ。
 
人として、まっとうな暮らしを営むなかで、長い年月をかけて培われてきた手工業製品には、
買いやすい値段で、良い仕事をするものが多い。
 
日常に使いやすく、今の暮らしにちょうど良い、
「ベストでもベターでもない、ナイスなものづくり」から生まれる暮らしの道具たちとの出会いが、
日々の生活を豊かに彩ってくれることを願っている。
  • FASHION
  • FRAGRANCE
  • TABLEWARE
  • INTERIOR
  • ACCESSORIES
  • OTHERS
PAGE TOP