山口 和宏
1956年生まれ。
高校卒業後、いくつかの職を経て、家具工房に勤める。
1986年に30歳で浮羽町の山中で家具製作をはじめる。
1995年、工房と住居を吉井町にかまえ、トレーやカッティングボードなど
小さな木工作品を作り始める。
暮らしの中で、特別に主張することなく何気なく使い続けてもらえるような
木の道具や家具を制作している。
  • FASHION
  • FRAGRANCE
  • TABLEWARE
  • INTERIOR
  • ACCESSORIES
  • OTHERS
PAGE TOP